看護師の中途採用で求められるものとは?

職能とは自分が行う業務上の能力の事ですが、転職するにあたってはこの職能を重視する会社が多くあります。特に中途採用の場合現場で即戦力になる事を求められるので、業務上の経験、資格がある人が有利になる傾向が強いです。

そういったことを踏まえると、経験の浅い看護師の方は転職する際に怖気づいてしまうかもしれません。しかし看護師の場合は特別で、職能が不十分でもフォローしてくれる職場は多くあります。例えば、看護師として一人前になる前に出産や介護等家庭の事情で一時仕事を離れなければいけなくなった人に対して、中途採用時に技術と知識を学べる講習を行うなどの取り組みもあります。復帰先や転職した先の職場でも、ブランクのある人には先輩がフォローしながら、スムーズに仕事が出来る様になるまで丁寧に教えてくれます。

何故ここまで看護師の中途採用の受け入れ体制が整っているのかというと、看護師の人材の需要が大きいからです。最初はどんなにぎこちなくても業務をこなして一人前になれば、大事な戦力になるのです。いくらブランクがあっても看護師の資格を持っていれば、喉から手がでるほと欲しがられます。

一方で看護師は小さなミスが大きな事故に繋がる可能性のある、責任ある仕事です。仮に一人がミスをして大事故になった場合、医療ミスとして病院全体で莫大な損害を受ける恐れもあるのです。それを防ぐ為に看護師の人間性も重要な要素になるので、やる気がないスタッフの受け入れはもちろん皆無です。看護師としての自覚を持たないと、現場で長く勤めることは難しいでしょう。

万が一やる気のない看護師が転職出来たとしても、ミスばかりでは職場内で敬遠されてしまいます。その為看護師は中途採用の面接試験で、技術や知識よりやる気を重視される傾向にあるのです。